MENU

頭皮に悪い成分について

シャンプーを購入するときに、どんな事を気にして購入するでしょうか?
髪の毛のツヤや香りですか?値段ですか?
多くの人は、この辺りの事を気にしていると思います。
しかし、健康な髪の毛を保つためには何よりも頭皮の健康が大切なんです。

 

一般的に販売されているシャンプーには頭皮に悪い成分が配合されている事が多く、知らず知らずに頭皮にダメージを与えてしまっていることが多いのです。
年齢を重ねるとこうした頭皮へのダメージが蓄積されてしまうので、抜け毛が増えてしまったりします。
シャンプーを購入するときには、頭皮に悪い成分が入っていないものを選ぶようにしましょう。

 

さて肝心の、頭皮に悪い成分はこれです。
ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸塩。
この成分は、陰イオン性界面活性剤で泡立ちを良くする大変強い洗浄成分を持っている合成化学物質で、非常に刺激の強い成分です。
頭皮に必要な皮脂や栄養素まで洗ってしまうことになるので頭皮が乾燥してしまい痒みが出てしまったり頭皮がめくれてフケになってしまったりする原因になります。

 

毛穴にも強い刺激を与えてしまいますから、髪の毛を健康に保つ事が出来なくなってしまうのです。
シャンプーを選ぶときには、ラウリル硫酸Na・ラウリル硫酸塩が入っていないシャンプーを選ぶようにしてください。
この成分の表記があるものは避けたほうが無難です。